読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将来はプロ野球選手か?【1歳頃 】

1歳頃は物が投げられるようになります。
持っていた玩具から手を離して落としたり
ボールをポンと投げたり出来るようになります。
指先の運動が上手になってきたのです。
 
握る→つかむ→つまむ
 
順調に発達してきた証拠です。

  

                          f:id:i-kosoda-chi:20150601183144j:image
 
「おっ!うまいぞ!将来は野球選手か?」
なんて喜んでいるお父さん。
相手をしてあげると大喜びです。
                   f:id:i-kosoda-chi:20150601184243j:image
たっちして喜んだのは最近だったような気がします。もう、「あんよ」への期待が始まります。 
                               f:id:i-kosoda-chi:20150601184413j:image
 
1歳頃は「繰り返し」を喜ぶので遊びの相手は結構疲れます。
いつ終わらせるべきなのか?
いつまで付き合うべきなのか?
ある程度でフィニッシュ!
 
「人生、何事も終わりがある」
 
ことを知らせましょう。

                             f:id:i-kosoda-chi:20150601184813j:image

 
また、
食事のスプーンを投げる子だっていますから大変なんです。
そんな時は、
「メッ!イタイ、イタイよ」
なんて知らせてあげてください。
 
メッ!なんて言うと
優しい顔と違う表情のお母さんに固まってしまうかも?
ウエーンって泣き出しちゃうかも?
だけど、いけないことは分かり易く知らせましょう。
                   f:id:i-kosoda-chi:20150601183351j:image
 
テレビ台の上の品々もパッ!エイッ!と落としたり投げたりします。
 
「それはゴチンしてイタイイタイから触っちゃメンメよ」
「そうかそうか、分かったのね。いいこいいこ」
 
f:id:i-kosoda-chi:20150601183500j:image
 
ああ、この繰り返し。
繰り返す中で覚えていってくれます。
危ないものはしまっておきましょ。