読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さあ!ティータイム【2〜4ヶ月頃】

お母さん、毎日毎日お疲れさま。

あなたの頑張りで赤ちゃんがすくすくと育ってきています。

あなたが自分を抑えて我慢して育児されているからこそ、ここまで健やかに大きく育ってきました。

 

お父さん、奥様を支えながら、仕事も頑張り、お疲れさま。あなたの支えがあればこそ赤ちゃんが安心して大きく育ってきました。

 

、、、なんて、おそらく誰も言ってはくれないでしょう。そうです。育児頑張っても誰も誉めてはくれない。

むしろ、親なんだから子育ては当たり前!なんて、思われている、、、

 

分かっちゃいるけど、誰かに

「がんばってるね」

って言われてみたい!って思いますよね。それは甘えでしょうか?いいえ、甘えなんかじゃなく、素直な気持ちですよ。

 

何から何まで赤ちゃんと向かいあっていたら誰だって疲れてしまうものです。育児放棄はいけないことだと知ってるけど、

「何にもしたくない!」

と、時に叫びたくなるのはアナタだけではありません。

 遠くまでショッピングや映画に行くのはまだ出来ないでしょうから、消極的な方法ですが、ティータイムを設定するのはどうですか?
 
大好きなお茶を入れ、香りを楽しみながら、ちょいとお煎餅でもかじり、のんびりしてごらんなさい。
 
え?それは昭和的発想ですって?
 
では、紅茶にマカロンでもいただきながら、友達にLINEでもしてみますか?
 
選択肢は限られるけど、出来る範囲でやりたいことをしてみましょう!
 
音楽を聴く?
本を読む?
集中してパソコンに向かう?
手芸?
ネイル?
とにかく好きなものを食べる?
 
なかなかリラックス効果ありそうです。
 
その他、育児日記(ブログ)でもメモでもメールでも
今の思いを文字にしてみると自己表出できるから想像以上に楽になりますよ。
 
自分で考えた自分だけの時間を、「45分間」などと決めて作り出してみましょう!
 
もしも、、、
 
そんな時、寝かせたはずの赤ちゃんが起きてしまったら、
 
「あらあら、おっきしちゃったの?いい香りでしょう?お母さんね、おいしいお茶を飲んでるの。大きくなったらお買い物一緒に行こうね」
 
なんて優しく声をかけてトントンしてあげてくださいね。
 
f:id:i-kosoda-chi:20150828165314j:image    
筆者は、子育てが終わった今でも、仕事帰りに自分へのご褒美として、時々コンビニで500円位好きなものを買う時にホッとしています。小さ過ぎる?だけど私には至福の時だからそれで十分なんです。